家の中心に敷かれた一枚の絨毯

記憶の家の一番大切な場所に、絨毯を一枚誂えます。

この一枚の絨毯は「家族の絨毯」です。

 

高地で育つ高品質の天然のウールを手で紡ぎ糸にして、それを草木の染料で染め、縦糸に結びつけていく。

全て手仕事で織られる特別な一枚です。

作り手はネパールにいます。

もともと暮らしに根づいた丈夫で機能的な絨毯を作ってきた国です。

 

家が建ち始める頃、オーダーをして、家が完成すると同時に日本へ入荷します。

家が完成し、鍵を受け取り、戸を開け、そこには一枚の絨毯が家族を迎えてくれます。

絨毯も家族の一員として、記憶の家の暮らしが始まります。

 

楽しい時も、嬉しい時も、喧嘩をした時も、洗濯物をたたむ時も、疲れを癒す時も、新しい家族を迎え入れる時も、子供達が育って夫婦二人になった時も、年老いて子供や孫の姿をみる時も、何があっても必ず絨毯のうえは家族が集まる場所。

絨毯は、一枚敷くとそこが大切な場所になります。

家の中心に、一番いいものを誂える。

最上級に最高のものを家族の暮らしの真ん中に誂える。

 

絨毯は、唯一、家族みんなで時間も場所も共有して過ごせる暮らしの道具です。

そのために心地よい質感と厚み、飽きない色で作られています。

 

例えば、記憶の家が建ち、住み始める時に生まれたばかりの小さな命があったとして、その子は、その先の暮らしのほとんどの時間を「家族の絨毯」と一緒に過ごします。生まれて、病院から戻ってきて最初に触れる家の感触は絨毯の柔らかさと心地よさ。そしてまだ見えない目に映るのは天然の優しくて強い色彩。感覚で覚えていく、家の質感。

 

一枚の絨毯が、その家の質感となっていきます。

絨毯に触れると安心します。絨毯には家族の暮らしの匂いがつきます。匂いは心の中の記憶を引き出すきっかけです。

 

もともと日本人は、畳の上に座り、低い視線で家族と顔を合わせ寝る時も食べる時もくつろぐ時も、家族みんなが寄り添って暮らしてきました。重心が下にあるのは安心感をうみ、一体感が育まれます。

 

リビングは家族の大切な暮らしのステージです。

その舞台の上で長い時間をかけて家族のことが大好きになることがたくさん積み重ねられて行きます。

 

家族みんなが一番リラックスできる場であるリビングを一番大切に考えた記憶の家は、絨毯も床の一部として一体に考えます。

何十年も家族と一緒に暮らしていく道具は、全て建築と同等です。

記憶の家は、木・鉄・石・土といった様々な自然素材をあわせた心地よいバランスで作られます。

その空間を作る構造と、暮らしの道具は一心同体で、リビングは木と羊毛と草木の色の掛け合わせで一つの空間ができています。

 

家族の星座をつくる

絨毯はオーダーメイドで作ります。

記憶の家に敷く為だけにデザインしました。

「大地と星空のじゅうたん」です。

絨毯の大きな面積を占めるフィールドは「大地」。

配置される文様は「星」。その星を繋げると家族の星座ができます。

「大地」の色は全5色。地球を構成する五大に由来した色です。

星の文様は全部で12種類。その中から、それぞれ自分の星を選び、大地の上に配置します。

 

「大地」はここで暮らすという意志。「星」は命。を表して、ここに家族の暮らしがあるよ、という、みんなが必ず集まる目印とお互いの幸せを願う場です。世界中どこを探しても見つからない、自分たち家族が暮らす記憶の家のリビングにしかない絨毯です。

世の中には溢れるほどに、様々な絨毯があるわけですが、この絨毯は、ほかに何にもかえが効かない大切な存在となっていきます。

 

つまり、そんな暮らし方に重きを置いた記憶の家も他にかえが効かないものになるのです。

自分たち家族でしかなし得ない暮らしの記憶。

自分たち家族だけのものを持つことで得られることは、毎日の家族との暮らしの時間を大切に思える、余すことなく記憶を残していけるような目に見えないものの価値と、もともと自ら力を発揮する自力ある、目に見えて存在する自然の色と形が暮らしに根付く価値。

 

30年後、絨毯に触れて、心がジーンとする瞬間がきっとやってきます。

そのジーンとするのは、家族っていいな、を感じるからです。

匂いも、思い出も、質感も、懐かしい光も音も、

全てがあわさるその感動の瞬間は、時間をかけたものやことでしか味わえません。

 

何十年後にこの家よかった!を深く噛みしめるために仕掛けられた暮らし方に乗ってみる。

 

その仕掛けに深さがあって、一番ウエートを置くのは間違いなくリビングです。

「記憶の棚」と「大地と星空の絨毯」。

暮らしの道具は、家族同様。そして、建築と同様。

家が建ち、新しい暮らしを始める、その始まりの瞬間から、そこには必ず一枚の絨毯がある記憶の家。

 

いつか、誰でも死ぬ時がやってくる。

その時に、家の真ん中、家族で過ごしてリビングに帰ってきて、

この家を建ててよかった。

ここで家族と暮らせてよかった。

家族のことが大好きだった。

家族と作ってきた歴史は全てここにある!満足だ!

そんな風に思って記憶の家のリビングには家族への愛情と感謝を置いて旅立てたらいい。

 

毎日の暮らしの積み重ねである短い時間軸と、生まれてから死ぬまでの長い時間軸の、二つの感覚。

 

近い未来と、遠い未来を、楽しく想像できるリビング。