現場からの便り 2020.12.02

昨日、記憶の家で一番大切な場所であるリビングに一枚の絨毯が敷かれました。

暮らしの道具の1つである絨毯のうえには必ず家族が集まり、家族みんなで時間も場所も共有して過ごせる唯一の空間。

 

コラムも一緒にご覧ください。

 

------------------------------------------------------
住宅と暮らしのアトリエ「記憶の家」と「庭」
2020
12月 新潟県燕市にオープン
------------------------------------------------------
建築空間と暮らしの道具が一体となって
暮らし家族が五感で繋がる「記憶の家」。
ただ今、
「記憶の家」のモデルハウスを含め、
ふらりと訪れることができる庭や広場を建築中。
プロジェクトチーム総出で
暮らし方を考えることから始まりました。
30
年後、家族のことがとっても好きになる
家と暮らしについてお伝えします。